予防が要

腎臓病になってしまうと尿の色が赤や茶色など褐色が目立ちます。これは血が混ざっている為尿の色が変わるのです。
また、トイレをすると尿が泡立つといったことも起こります。健康な方の尿は黄色が通常の尿です。水分量で尿の色に多少変化はありますが、赤や茶褐色などの色になることはありません。水を大量に摂取した時は透明になります。
腎臓病になってしまうと臭いは酸っぱくなります。健康だとあまり臭いを感じることはありません。
このような症状を感じている方は放置をせず、すぐにでも病院へ行った方が良いです。
腎臓病は感染することはありませんが、遺伝する可能性はあります。多発性嚢胞腎のPKDという遺伝子がお子様にも遺伝すると同じ病気になってしまいます。
お子様の為にも予防や早期発見を心がけるようにしましょう。

腎臓病を予防する為にも食生活を正さなければなりません。お肉やパスタなど好きなものばかりを摂取していると、どんどん体重が増加して肥満になってしまいます。
肥満になってしまうと血液量が増加する為、腎臓にストレスが掛かるのです。
食材だけでなく塩分や脂質の量にも注意をして調理をすることで、バランスを良くすることが可能です。
水分をこまめに摂取することも重要です。水分を摂取して運動をすることで汗をかき、腎臓に負担をかけずに尿を作ることが出来ます。
生活習慣は腎臓病だけでなく、様々な病気の原因になる為日頃から気をつける必要があります。
腎臓病になると食事療法をしなければなりません。塩分を制限される為、好きな食事が出来なくなってしまいます。バランスの良い食事をすることで好きな食事をしながら、病気を予防することが出来るのでしょう。

Copyright © 2015 腎臓病に負けない身体をつくる~ストップTHE病気~ All Rights Reserved.
Designed by:www.alltemplateneeds.com Images from: http://wallpaperswide.com www.photorack.net